HOME>トピックス>無事に買い手見つかり会社を譲渡することができます

目次

コア事業に集中できます

会社売却にはいろいろなメリットがあり、事業を継続することができます。廃業すると技術やノウハウなどを受け継がれず廃れていきますが、売却すると売却した企業に伝承することが可能です。M&Aなどを行う目的として事業の拡大がメインになり、例えば大手会社の傘下に入ると資金調達や販路拡大をスムーズに行うことができます。低採算なコアではない事業を売却することによって離すことができ、経営の効率化を図ることができるでしょう。すべての事業において負債が多くなるより、中心となる事業に注力し拡大する方が企業にとって大きな利益があります。企業価値を上げることができ、人材をそのまま確保することが可能です。

事業を引き継げます

長年経営してきた会社を売却するのは決断しにくいですが、会社売却することによっていくつかメリットがあります。例えば企業基盤を強化することができるなど、選択と集中を行うことが可能です。事業継承することができ、創業者の利益を実現することができるでしょう。個人保証を解除することができ、近年いろいろな分野において売却が行われています。会社売却の目的としてリタイアに伴う事業引継ぎや経営資源の集中などがあげられますが、中には利潤獲得などを目的にして積極的に売却する経営者もいます。

広告募集中